molten Moving with Passibilities

社会基盤事業 責任者からのあいさつ

自然と人が共存できる
社会基盤にエレメントを提供する

株式会社モルテン 執行役員 社会基盤事業本部 最高執行責任者 合屋 克志

2020年10月
株式会社モルテン
執行役員 社会基盤事業本部 最高執行責任者
合屋 克志

合屋 克志 サイン

世の中には自然と人が共存するための社会基盤があります。道路、鉄道、橋、ビル、港。
私たちはそんな社会基盤の構成要素をつくっています。昨今の異常気象での水害、可能性が高いと言われる大規模地震、海洋プラスチックゴミに代表される自然環境悪化。我々は次世代に明るい未来を継承していかなければなりません。
社会基盤というものは過去からの仕送りであり、将来への贈り物です。我々は過去の仕送りで暮らしを支えられています。現世代が次世代への贈り物をしない自由はありません。
古代の人々はこの世界は、火・風・水・土の四元素からなると考え、その不可欠な要素をクラシカル エレメントと呼びました。私たちの提供する価値は社会基盤のエレメントでありたいと望んでいます。
自然と人が共存できる社会基盤を創るために、自然や建築から学び、エンジニアリングを通じて、お客様が求めるエレメントをオーダーメイドで提供します。
自然と人が共存できる社会基盤にエレメントを
Molten Elements of Foundation

2020年10月
株式会社モルテン
執行役員 社会基盤事業本部 最高執行責任者
合屋 克志

合屋 克志 サイン