自動車部品事業
技術開発統括所属
1996年入社

経歴

  • 1996年にモルテンに入社後、自動車部品の設計・開発に携わり、自動車の操安性にかかわる、数々の防振部品の開発を担当。
    現在は、自動車部品の技術開発統括部の責任者を務める。

ロアアームブッシュとは

ロアアームブッシュとは、フロントストラット式サスペンションのロアアームに付くわずか数センチの部品です。
クルマの操縦安定性に大きく影響すると共に、ドライバーが求めるクルマとの一体感をつかさどる重要な部品です。
自動車の足回り(サスペンション)の人間でいう関節にあたる部分に取り付き、振動を吸収し構造体の動きをスムースにさせる役割を担います。
ロアアームブッシュの開発責任者に、受注までの秘話、開発への熱い思いを語ってもらいました。

プロジェクトの始まり

チームで掴み取った「モルテンでしかつくれない」技術と性能

まさに大逆転。モルテンの自動車部品事業の歴史の中で、ロアアームブッシュほど劇的な受注は初めてではないでしょうか。一旦は他社への発注が決まったものを、お客様のキーパーソンであるA氏の「モルテンの部品でないと狙った性能が出せない。何とかやってくれ」という情熱溢れる言葉がきっかけとなって、一転うちが受注したわけですから。それもA氏は海外出張を急きょ切り上げて帰国され、その足で高陽工場に寄って下さった。その思いに応えない訳にはいかない。やるしかない。でも残された時間はわずか2週間。自分たちにできるのか、間に合うのか。今だから言いますが、不安だらけ。自信はあまりなかったですね。

ロアアームブッシュは、元々受注ターゲットに入ってなかった部品なんです。お客様の次世代の車の開発に向け、共同開発契約を締結し、いくつかのサスペンション関連の足回り部品の開発を進めていました。その開発過程で、ロアアームブッシュが、我々の想定以上に、車の走る・曲がる・止まるに大きく影響する重要な部品であることがわかりました。我々は性能や仕様を部品単体で考えがちで、それは必ずしも間違いではありません。お客様の要求する部品の仕様を満足することが必要条件だからです。ただ今回は、車の動きに部品がどう寄与するのかを考えながら開発を進めたいと思っていて、お客様と色々コミュニケーションをとる中で、ロアアームブッシュの大事さがわかってきました。お客様の中では認識されていたことでしょうが、我々は全く知らない。こちらの勉強不足でした。そこで、ロアアームブッシュも並行して開発を進めることになったんです。

一口に部品の開発と言っても、1~2年かかりますし、一人ではできません。部門をまたがる協働作業で、設計、営業、品質保証、生産技術、製造部門から多くの社員が携わって、機能横断型のチームで対応します。結果的に彼らの力とチームワークがロアアームブッシュ受注の原動力になるんですが、何しろ個性豊かな面々。リーダーとしてまとめるのは本当に大変で(笑)。私はわりと理屈や正論に走りがちなんで、そこは逆にみんなの個性や熱さに助けられました。入社時には生産技術に配属され、金型や設備などを学びました。今思うと、この頃の知識が今に生きていますね。その後、設計部門に異動になって、以後は一貫してブッシュ、スプリングシート、バンプストッパー、ストラットマウント等の足回りの防振部品の設計に携わりました。学生時代は、勉強が好きで(笑)大学に7年間も通いまして。よくモルテンに雇ってもらえたなと。実は車にはほとんど興味がなかったんですけど、そんな自分が重要な足回り部品の設計にかかわっている面白さというか、不思議さというか。この程よい脱力感が私の良い所、強みということにしておきましょう。話を戻すと、足回り部品の開発は最初は順調でした。お客様の要求仕様に対して、こちらから形状を提案して仕様を満足するのは当然として、形状違いのものを自主試作したりして。お客様の中で評価して頂くと、これがすごくいいと。車につけると走りが変わると。

最終的にこれでOKという判断をされるのがA氏なのですが、A氏から「自分が目指していたものに近づいた」と言って頂き、「モルテンは面白いな。是非車に一緒に乗って体感してみてよ」というお誘いまで頂きました。実際にA氏が助手席に乗って、我々が運転して、「ほら、走行安定性もいいし乗り心地もいいでしょ」とか「こんな違いがあるでしょ」といった感性に関わる部分も含めて、色々教えて頂きました。我々にとっては学びの宝庫ですよね。部品一つでこうも走りが変わるのかと本当に驚きで。こういう活動も含めて、お客様と信頼関係を築けているという手応えがありました。勿論、競合メーカーからも価格や部品の特性に関して提案があるので、受注できるかどうかはお客様の比較検討次第。ただ「これは行ける」と我々は考えていました。

お客様の理想以上の性能を生み出すために

ところが開発を進めていくうちに、耐久性が課題となりました。耐久性の要求スペックにどうやっても入らない。うちは性能重視でやっていて、それがお客様の高評価につながっていたのですが、耐久性を満足できないのでは量産で使ってもらえません。この両者は二律背反の関係で、性能を重視すると耐久性を犠牲にせざるを得ない所があります。結果、あれだけ一生懸命にやったのに、受注ターゲットにしていた部品の失注が次々にして決まりました。ロアアームブッシュだけは死守しようと頑張ったのですが、「他社に発注します」と言われました。もうガックリというか、目の前が真っ暗でした。

でも話はここで終わりません。ロアアームブッシュの他社への発注の話を耳にしたA氏が「それでは求める走りにならない」と冒頭の話のように海外出張を急きょ切り上げて、我が社にかけつけて来られました。ご自分で社内は説得されると言われ、「モルテンさん、何とかできるはずだ。やりましょう」と。ここまで言って頂いたら応えるしかありませんよね。その後の2週間は耐久性を満足させるために機能横断チーム総動員で取り組みました。何しろ時間がない。2週間以内に解析してモノを作って評価してと、色んなことをやらなければなりません。お客様からは「性能はここまでは譲れるから」といったアドバイスも頂きましたが、社内にもうちのサプライヤーさんにも相当無理を言って、もうとにかく必死で。メンバー達の頑張りは本当に凄かった。

そんなこんなで、何とか耐久性はスペックに入れることができました。これは朗報なのですが、問題は性能です。ここが転注先と比べて劣っていたら、お客様にはモルテンを使う理由がない。耐久性を上げるために犠牲にした性能面がどの程度か。うちの部品と転注先の部品と両方を評価して頂いて、最終的に「モルテンさんにお願いします」と言われたときには、社内は大歓喜ですよ。純粋に性能差だけで発注先を決めるのはお客様の中でも初めてのことだったみたいです。本当に社内外の関係者の皆さんには感謝の気持ちしかありません。

今回の件で、お客様から「今後もモルテンと一緒に仕事がしたい」と言って頂きましたが、そこに満足してはダメなんです。お客様から開発依頼があった時に、「うちの部品だとこういう性能が出るのでぜひ使って下さい」、「他社のモノでは理想的な車の動きは実現できませんよ」という提案をしたいですね。そのためには、車のことをもっと知り尽くして、ブッシュを変えることで車の走りがこう変わるというのを言えるようにならないと。論理的に語れる部分と、走りという極めて感覚的な感性の世界で、お客様にない視点を提案しないといけません。ある意味で、お客様以上に車のことを理解しなくてはなりません。そのため、1年に数回サーキットを貸し切り、様々な車の乗り比べをしたり、ドライバーが感じる走る歓びを自分たちで深究しています。「ボールはモルテン」とよく言われますが、「ブッシュはモルテン」と言われる日を目指して邁進していきます。