スポーツ用品事業
3x3推進室所属
1991年入社

経歴

  • 1991年にモルテンに入社後、東京、名古屋でスポーツ用品の営業として勤務。
  • 2014年から大阪支店 支店長を務める。
  • 2017年から現在の3x3推進室室長に就任し、B+をスタートする。

B+(ビー・プラス)とは

2018年10月、モルテンのスポーツ用品事業の新規事業「B+(ビー・プラス)」がスタートしました。
日本のバスケの普及と強化の視点から、日本のバスケが抱える課題解決を目指すこの新ブランドは、第一弾として「ゲームユニット」のレンタルと販売を始めています。B+を立ち上げ、推進する3x3推進室室長に新規事業の背景と今後の展望を語ってもらいました。

プロジェクトの始まり

「もっと強い日本を、バスケが溢れる風景を」の実現を目指して

「もっと強い日本を、バスケが溢れる風景を」これがB+(ビー・プラス)が掲げるビジョンです。念願のプロリーグができ、FIBAワールドカップや五輪への出場が見てきました。でも、日本のバスケには何かが足りない。普及と強化という視点から、日本のバスケが抱える問題を解決したい。そういうミッションを担うのがB+です。ようやく本格的に動き出して、手応えを感じるところまで来ました。でも、最初から順調だったわけではないんです。

始まりは、社内の戦略研修を受講したことでした。研修と言っても、外部講師を呼んで、経営理論を学び、自分で経営課題を見つけ、解決方法を提案し実行するという実践重視のスタイルです。
毎月、講師や役員の前でテーマを発表するんですが、最初の3回くらいまで「つまらないですね」とダメ出しを食らいました。スポーツエキップメントの売上拡大を提案したのですが、社長から「まだ同じマーケットに対して、同じようなことをやるの?」と言われて、「戦略」を考えることの重要さを痛感しました。当時大阪支店長という立場だったこともあり、「戦術」重視の思考でした。担当地域で、与えられた製品をどう売るのかという戦術は得意なんですが、自分たちの市場を定義し直して、製品や流通の在り方を見直す、「そもそも何をやるのか」という戦略的な考え方はしてこなかった。

で、どうするかと考えた時に、たまたま3x3が五輪の正式競技になるかもというニュースを聞いて。
これはチャンスだなと思いました。バスケって体育の授業で誰しも経験しますが、サッカーほど普及していない。サッカーとの違いは何か。2002年W杯日韓大会で注目されたこともありますが、フットサルというサッカーよりも気軽にできる競技があって、しかもフットサル場がどんどん増えていった。これがひいてはサッカーのへの関心を高め、競技人口を増やしている要因の一つだと気づきました。一方でバスケがやれる場所はほとんどない。公共の体育館だと、使い勝手という面で「ちょっとバスケやっていくか」とはなりにくい。だったら、モルテンが気軽にバスケをやれる場や機会を提供しよう、ということで生まれたのがゲームユニットです。3x3をするためのコートフロア、ゴール、タイマー、ボール、ボールラックといった移動式のコート一式がモルテンに頼めばいっぺんに揃います。2時間くらいでパッと設置できます。3x3イベントをやりたいお客様にとって、設置の手間が省けることは大きなメリットなんです。それと工夫したのはフロアの表面。実はコートフロアそのものは既に競合品があるのですが、表面が固くザラザラ。分かりやすく言うと、コンクリートの上でプレーするようなもので、選手が転倒すると擦り傷になり、非常に痛い。これでは楽しくないし、気軽でもありません。そこで、グリップ性は多少犠牲にし、安全性を高めた設計に変更しました。フロアは樹脂製なんですが、ここにはモルテンの樹脂成形の技術が生きました。

B+の特徴のひとつは、足りないリソースは外部から調達して、モルテンの経営資源とうまく組み合わせるということ。例えば、ゴールはセノーさんと組んでいますが、うちがやるよりもはるかに早く、安全性と耐久性の高いゴールが手に入る。何でもかんでも自前でやらなくてもいい、むしろ足りない部分は積極的に外部とタッグを組むというのも、B+の学びの一つだと思います。

モルテンの製品で世の中の課題を解決する

ここまでは「普及」の話ですが、「強化」をどうするか。もともとB+のアイディアは普及から始まりました。名前もB Connectedと言って、バスケで何かを繋げる、バスケと何かを繋げるという発想でした。でも、子供たちが憧れる代表選手がいたり、レベルの高いプレーがあってこその普及じゃないかと思うようになりました。サッカーも、Jリーグ、W杯出場、海外で活躍する日本人選手の存在等が間違いなく普及に貢献しています。そんな時に日本バスケットボール協会の方と話す機会があり、「日本人選手のシュート成功率を高めたい」という話を伺いました。体格で劣る日本人がインサイドプレーで海外勢と渡り合うのは難しい。アウトサイドシュートに活路があるが、ここの確率が低いのだと。これだ!と思いましたね。モルテンの経営理念は「世の中をより良い場所にする」ですが、モルテンの製品で世の中の課題を解決できるかもしれないと。今はシュートの成功率を高めるのに貢献する新製品を開発しているところです。まだ詳しく話せませんが、もうすぐ実際にモノが出来上がる予定です。ここにはモルテンにない技術、考え方も必要になるので、外部の専門家の協力を得ながら進めています。分からないことだらけで、うちの技術陣も苦労しています。当初の予定よりも市場導入が遅れてしまったのですが、それでも開発を通じてうちが外部から吸収できることは山ほどあります。外部の方がアルバイトの工学部の学生さんを雇っていて、うちの仕事を手伝ってくれているのですが、その彼が言うんです。「めちゃくちゃ楽しいですよ。だって自分の知識や技術で新しいものを作り出せるんですから」と。こんなのも本当に刺激になります。

モルテンをボール会社だと考えるのは勿体ない。ボールに使われる技術は限られ、ブレイクスルーが起きにくいと思われるかもしれませんが(実はそんなことはないのですが)、モルテンの持っている経営資源はボールという製品だけではありません。競技団体との関係、営業のネットワーク、ブランド、他事業本部のノウハウ等々。だから、自らの活動を限定する必要はありません。例えばバスケで言うと、B+をプラットフォームにして、色々なものをプラスしていけたらと考えています。ゲームユニットにしても、先述の開発中の製品にしても、新たに加えるべき要素はたくさんあって、次の展開も考えています。例えば、選手のスタッツを記録するだとか。そこにはモルテンにない知識や技術が必要になるはずで、ITやAI等も含めて、異分野を知る人材がどんどん入ってきてくれれば、モルテンの持つ経営資源と組み合わせて、ブレイクスルーを生み出すことができるんじゃないかと思います。

B+を進めてきて感じたのは、ビジョンの重要性。「もっと強い日本を、バスケが溢れる風景を」というのがあり、普及と強化という軸をもってそこに辿り着く、というのをメンバーで共有できたことが非常に大きかったですね。時には軋轢もあり、活動が停滞した時期を乗り越えてこれたのは、仕事のやり方を変えた、新たに資金をつけてもらったということもあるのですが、何より「バスケを広めたい、日本のバスケを強くしたい」という情熱があったからこそ。社内で「義と利」という言い方をするんですが、商売だから儲けないと意味がないという利の部分はとても重要です。でも、なぜそれをモルテンがやるのかという大義名分があると、仕事が本当に面白くなる。何年かして、3x3やバスケを広めるのに我々はこんなことをやったとか、日本のバスケが強くなったのにモルテンの製品が貢献して、その開発に携わったんだとか、そんなことを言えるかもしれないと思うと、ワクワクしませんか。モルテンはメーカーなので、やはり我々の製品で世の中の課題を解決したい。B+でそれができるなら、これほどの喜びはありません。

molten B+ WEBサイト