未来を描く3つの視点

モルテンでは事業と個人の着実な成長のために未来のなりたい姿を描き、可能性を信じて動き続けています。
3つの視点で自分のキャリアを描きます。

  • 与えられた目標ではなく、自分の10年後を描く「やりたいこと」
  • 自分の強みを知る「できること」
  • 自分への期待を想像してみる「期待されていること」

興味ある得意な分野を磨き、やりたいことを引き寄せ、いかに社会に貢献していくか。
マイキャリをベースに会社の仕組みを使い、世の中の課題を解決していって欲しい。
「やりたいこと」はそう簡単には実現できませんが、追究していくことでお互いに刺激しあい、成長する組織文化を作ることを目指しています。個人の成長が会社の成長につながると考えています。

5年目、10年目の節目に、マイキャリデザイン研修を実施しています。同期が一堂に会し、近況や悩みを共有し、自分のキャリアについて考えます。
マイキャリデザイン研修では社内で活躍する先輩社員を招き、経験や考え、キャリアの描き方などを共有する時間もあります。
社員には「マイキャリデザインブック」を配布しています。社内で活躍する人材がどのようにキャリアを描いてきたのかを紹介するインタビュー記事や、マイキャリデザインを考えるシートが掲載されています。